2006年02月13日

博士の愛した数式  小川洋子著 新潮文庫

博士の愛した数ョ.jpg

映画が現在公開中ですが。
どんなお話なのかと思って…ローカル局のアナウンサーの方もお薦めしてたので…
切ないお話に感じたかな…自分的には。
博士と呼ばれる事故で記憶障害が残ってる人物、彼のお世話をする家政婦、彼女の息子で博士がルート(√)と呼ぶ少年。博士の義姉にあたる女性。主要な登場人物はこの4人。

博士の記憶は80分しかもたない…その時間を過ぎるとまた、初めから説明しなくてはならない。大切な事を忘れないように博士の背広の背中にはメモが留められている。
何時しかその博士の記憶テープが終わりを告げるときが来る…1975年よりも先には彼の記憶は存在しない。専門の施設へ入る事になる。彼女の息子は大人になって数学教師になる。

文系の自分には数学は鬼門?(笑)ハッキリ言って訳が分からない!理解できない…何ナノ?この数字の羅列は!中学・高校…算数から数学に変わってから放棄した教科です;;;
旦那曰く…こんなにスッキリした分かりやすい物はない!楽しくて堪らない!とかぬかしてるし…そりゃね…アナタは専門でしょうとも。数学教員免許も持ってるし…
アナタが数字に愛を感じてるのは構いませんけど……私は漢字の美しさが好きです。特に難しいのが…アラビア文字やヒエログリフなどもスキだなあ。古代文明・世界遺産・神話の世界も大好き。
posted by saki at 22:28| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。