2005年11月05日

揺らぐ世界の調律師1 津守時生

揺らぐ〜津守時生の最新刊だと思います。
これもやまねさんの挿絵が目当て(笑)
この方の本も初めてです。登場人物の台詞廻しがなんかツボに入ったみたいで面白い!
主人公は12歳の少年ダリル。彼が最高調律師!彼のお付きの者(お兄ちゃんズ(笑))が二人出てきます。
香縁はダリルの保護者を気取って親バカです(^^ゞ
蘭導はいい男です♪眼鏡掛けてます〜
どっちも好きなんだが…香縁の喋りがオモロイ!江戸弁らしいファンタジーです。
余り得意なジャンルではないんですが(笑)
読んでみたら以外に面白い!香縁の台詞が愉しい☆
『〜しやんす』『〜ありやんせん』とか。
ダリルは子供なのにしっかり者だし…
続きが楽しみ!《ザ・ビーンズ》で掲載中との事。
posted by saki at 13:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。