2005年11月08日

先週購入したもの>藤井咲耶Ver

愛のディスティニー.jpg図書館の眠り姫.jpg

愛のディスティニー  桜樹かれん著  藤井咲耶Illust  二見シャレード文庫
図書館の眠り姫   遠野春日著  藤井咲耶Illust  B-BOY NOVELS ビブロス
“愛の〜”は舞台が百貨店です。孤児だった貴宏は大手百貨店に就職したのを機に庇護を受けていたホストクラブオーナー・麗との関係を清算し寮に入る。勤務先のフロアマネージャーである上司・桐生と出会って惹かれる者同志そういう関係になる。だが仕事と私生活は別と甘い顔は見せない桐生と高みを目指す。そんな時別れた筈の麗が現れ…貴宏は実は社長の落とし胤だったことが分かる。貴宏の方は麗に未練は無いが麗は未練たっぷり。貴宏の胸には桐生の物だというピアスが填まってる……ってな感じです。続編があれば読みたいかなあ〜って感じもする。

“図書館の〜”は学院の理事長・亮祐と本にしか興味の無い美人・一紀のお話。理事長の座を譲り受けたばかりの亮祐は司書の一紀に一目惚れ…どうにかして自分に興味をわかせようといろいろ手を尽くすが、一紀は全然興味が無いかのようで思うように行かない。ある時思わずキスしてしまうが、平手を食らわされる…一紀は涙を流していた。そんな時記念館を作る為利用者の少ない図書館を取り壊す計画があがり…そうなったら一紀は職を失うだろうと亮祐が言えば“自分はそうなれば恩師のいる北海道へ行くつもりだと”答える一紀。その言葉に我を忘れ車中でキスをかます亮祐。眠り姫の心を溶かすように気持ちを聞きだす。で…あとはお約束の○○シーン(笑)ホテルへ移動しますよ。ちゃんと。

藤井先生の柔らかな優しいイラストがいいですね〜〜特に“図書館の〜”の口絵は色使いがほわ〜んとして来ます。優雅な感じのイラストです。
posted by saki at 15:23| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9070289

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。